ロシアのeSportsチーム「Vega Squadron」がCSGO部門を解散した事を発表しています。


Vega SquadronはDota2、PUBG、League of Legend等のチームを所有するeSportsチームで2015年にCSGOを開設しました。2017年にはCIS Minorを勝ち抜きチーム初となるメジャー大会に出場、PGL Major Krakow 2017ではChallengers Stage枠を獲得、以降ELEAGUE Major Boston 2018、Faceit Major London 2018、IEM Katowice 2019と計4回のメジャー大会出場を果たしましたが、IEM Katowice 2019にてChallengers Stageで敗退、メジャー大会のシード枠を失う事となりました。

今年の4月には、Natus Vniceraで4年間活動したプレイヤーseizedを迎え入れ、ラインナップの再編成を試みますが、オンライン予選にて結果を残せず、先日行われたBLAST Pro Series Moscow 2019 CIS予選では最下位といった結果で終了しました。

旧Vega Squadronのラインナップは以下になります。現在、チームはチームメンバー全員を移籍リストに追加し、オファーを公開しています。

 Dmitriy "jR" Chervak
 Igor "crush" Shevchenko
 Denis "seized" Kostin
 Alexander "scoobyxie" Marynych
 Dmitriy "Dima" Bandurka
 Artem "Fierce" Ivanov (コーチ)
 Viktor "vidoq" Manaenkov (コーチ)

2 コメント

  1. 悲しい、どこか拾ってくれるチームがあることを祈る

    返信削除
  2. seized、scoobyxieはどこか拾ってくれそうだよね

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link