BLASTが「FaZe」コーチのYNkのタイムアウト中のボイスチャットを公開し、プロ選手達からの非難が殺到している事が話題となっています。

先日行われたBLAST Pro Series Los Angeles 2019にて「MIC'D UP」と称したコーナーを試合のハイライトにて公開、その後Twitterにも投稿しました。


そのツイートのリプライ欄では多くのプレイヤーからの批判が殺到し、BLASTはツイートを削除しました。



eSportsの写真家、Eric Annamalaiによるとこのコーナーは、YNkを含む何人かのプレイヤーはこのコーナーに対して反対したが、主催者側のBLASTは最終的にFaZeのプレイヤーの同意を得て実際に放送されたと明らかになっています。

このコーナーに関してコミュニティでは「タイムアウト中のボイスチャットはコーチが喋れる重要な時間で作戦がバレるからこのコーナーはNG」等のコメントが話題となっています。

賞金総額25慢ドルのBLAST Pro Series Los Angeles 2019は14日~15日にかけて行われた大会で、決勝ではLiquid vs FaZeが対戦、Liquidが2-0で勝利し今年5つ目となるトロフィーを獲得しました。

関連記事 : 賞金総額25万ドル「BLAST Pro Series Los Angeles 2019」にて「Liquid」が「FaZe」を破り優勝、MVPはRating 1.40を獲得したNAFが受賞

コメントを投稿

Sponsored link



おすすめ記事