WESG 2018 World Finals グループ予選にてAbsoluteと対戦したFuriousのLukenのインタビューがHLTVにて公開されています。

Luken: "I really hope to play MIBR or G2 or one of those teams in the playoffs"

インタビュー内でAbsoluteの事について言及しているコメントがあったので一部抜粋したコメントを引用します。


Absoluteと対戦してみてどうでしたか?


私達はAbsoluteが非常に形ができているチームであるという事は知っていました。CTサイドからスタートし、私達の思い描いていたプラン通りにいきませんでしたが早い段階で問題は解決できました。しかし、最終的にはチームプレイというよりは自分自身のプレイに集中しラウンドを獲得するといった感じでした。

私達は多くのミスを犯したと思います。Absoluteは毎ラウンドほとんどファーストキルを獲得し、常に有利に動いていました。そして、私達はトレードキルを取られてっといった感じでラウンドを落としていきました。

チームとしてプレイするというよりは個人プレイでオーバータイムに入りましたが、私達は2vs4や1vs3のラウンドを落とし敗北しました。


LazがAbsoluteのスタープレイヤーである事を知っていましたか?


いえ、私達は彼らのことをよく知りませんでした。私達は彼らのデモをいくつか見ましたが、誰がスタープレイヤーで、誰がフラッガー等かは分かりませんでした。彼らが私達のチームの誰がスタープレイヤーかわからないような事と同じような事だと思います。

「WESG 2018 World Finals」にてAbsoluteがFurious、FrostFireを2-0で下しグループ予選1位通過

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link