スポンサーリンク

smooyaのインタビュー「BIGから蹴られる事を恐れていませんでした」


Sponsored link


先日、BIGより脱退したsmooyaのインタビューがYouTubeチャンネルDBLTAPにて公開されています。


インタビューでは、BIGの元チームメイトや脱退について、そして今後について答えています。以下、インタビューより一部抜粋したコメントを引用します。


BIGについて

私がBIGに加入した時、CSGOのプロになるという私の夢が実現しました。加入した当初のチームの雰囲気は私の考えからは程遠いものでした。しかし、加入して1ヶ月後全てが変わり、私達は本当の友人になりました。脱退してからもまだ話しますし、敵意等はありません。


脱退について

XANTARESが加入した際は誰しもがnexの怪我が原因だと思っていたと思いますが、実際は私がチームを脱退する事が理由でそれは私がチームに提案しました。実はFaceit Major 2018以前より、チームから脱退する事を考えていました。

この8ヶ月でプロとして大きなスタートを切りました。私は1年以内に優秀な選手になる事ができると思います、元チームメイトのおかげで。そして、これからは彼ら無しで強くなることができるかどうか知りたいと思いました。なので、私はチームから蹴られる事を恐れておらず、むしろそれを求めていました。恐らくtabseNは私はチームから去りたがっていた事に気付いていたと思います。

今後について

BIGでの唯一の問題点は厳格なルールでした。ゲーム、ポジション、クラッチ等に関する私の見解とは全て正反対でした。私のチームメイトは何年間もCounter Strikeをプレイしてきたプレイヤーだったので彼らを納得させる事は不可能でしたがもちろん、彼らが頑固者といった訳ではなく、ほとんど私の意見が間違えっていると思います。

今は様々チームからオファーを受けています。現在の私の計画では、北米に拠点を移し、新しいチームと地域でトップチームになり、メジャー大会に出場します。



Sponsored link

コメントを投稿

0 コメント