スポンサーリンク

IEM Katowice 2019でのTYLOOのマッププールは?

Sponsored link


VPEsportsよりIEM Katowice 2019でのTYLOOのマッププールを考察した記事が公開されています。

Examining TyLoo’s Map Pool at the Major



今回のIEM Katowice 2019はTYLOOにとってラインナップを変更してからの初の大会になります。ラインナップは、Summer、Somebody、xccurate、BnTeT、AttackeRとアジア圏で熟練したプレイヤーのラインナップとなっています。

TYLOOは全試合NukeをBANマップに選択しています。Nukeはコミュニケーションを重視する必要があり、IGLのBnTeTは英語、中国語、インドネシア語の3つの異なる言語を使用している為、NukeをBANマップに選択したのは理にかなっています。

TYLOOがIEM Katowice 2019でInferno、Mirage、Overpass、Cacheのみしかプレイしていません。

上記のマップの中で、Infernoが最も完成度が高いマップで、続いてMirage、そしてCacheの順になっています。Train、Overpassは2nd BANマップと考えられ、自らPICKはしていません。

以上の中で考えられるマッププールは以下になります。

1st : Inferno

2nd : Mirage

3rd : Cache

Ban: Nuke

2nd BAN : Overpass/Train

??? : Dust2

TYLOOはIEM Katowice 2019 New Challengers Stage Day5にてDay4で勝利したチームと対戦します。TYLOOは現在Vitality、Cloud9に勝利しています。


Sponsored link

コメントを投稿

0 コメント