CS:GOトップ20プレイヤー2018 第18位に、FaZeに所属しているrainがランクインしました。

rainは2014年より、ノルウェー国内のNo.1チームLondon ConspiracyでRUBINO、Polly等と共に活動しており、メジャー大会ESL One Cologne 2014に出場しました。

2015年はLGB eSportsに移籍し、jkaem、RUBINOと共にメジャー大会IEM Katowice 2015に出場しました。しかし、移籍して3ヶ月後にはScreaM、fox、Maikelele、dennis等と共にKinguinに加入しました。

その後、KinguinはG2に買収され、2016年にはFaZeの初期メンバーとしてG2のラインナップは移籍しました。

現在のFaZeのラインナップに落ち着くまでは、多くのラインナップの変更があり初期メンバーとしてFaZeに残っているのはrainのみです。

karriganは先日ベンチに入りましたが、rain、Niko、GuardiaN、olofmeister、karriganのラインナップは2017年8月より結成され、ESL One New York 2017、ELEAGUE Premier 2017、ECS Season 4 Finalsで優勝を残しrainはトッププレイヤー2017にて4位に選出されています。


2018年に入り、rainは18のオフライン大会に出場しました。


2018年最初の大会は、メジャー大会ELEAGUE Major 2018でした。New Challengers Stageで3勝1敗で勝利、Legend Stageで3勝0敗で勝ち抜け、Champions Stageでも、mousesports、Na'Viに勝利しましたが、決勝戦で惜しくもCloud9に敗北し、2018年最初のメジャー大会では準優勝といった結果で終了しました。

StarSeries Season4、IEM Katowice 2018、V4 Future Sportsではいずれもベスト4に入り、Ratingは1.0を上回っています。

4月にはolofmeisterが一時活動休止を発表し、代わってXiztがスタンドインしました。

5月に行われたIEM Sydney 2018では、決勝でAstralisを破り優勝しました。rainはRating1.15と一貫したプレイを見せEVPを受賞しています。

ESL Pro League Season 7、ECS Season 5では共にベスト4に入っています。また、この頃XiztがFnaticに移籍し、代わってHeroicよりcromenがスタンドインしました。当時、rainは「cromenはXiztと全く異なるプレイヤーだが、それは本当にうまくいきました。そして個人的には再びノルウェー人とプレイできるのは楽しいことでした(笑)」と述べています。

6月に行われたESL One Belo Horizonte 2018では優勝を残し、rainはEVPに選出されています。

7月はESL One Cologne 2018でベスト4に入り、rainはBOOT-d[S]に対しUSP Aceを出しハイライトムービーが制作されています。


その後、olofmeisterが復帰し初の大会となったELEAGUE Premier 2018では8チーム中7-8位といった結果で終了し、rainのRatingは0.86と2018年で最も低いスコアを記録しています。

rainはインタビューにて「olofが復帰して初の大会であったにもかかわらず、最下位といった結果で終了しました。私達は前回の大会から5日もせず帰ってきたのでかなり疲れていました。恐らく休憩が必要だったと思います。」と答えています。

9月に開催されたメジャー大会ではベスト8に入り時期メジャー大会のLegend Stage枠を獲得しました。また、この頃IGLがkarriganからNikoに変更され、rainは「2018年の一番の変更点は恐らくIGLの変更だと思います。当時チーム内の雰囲気もちょっと変だったし、なにか変更が必要だと思っていました。」と述べています。

10月にはEPICENTER 2018で決勝でNa'Viを破り優勝しました。rainのRatingは1.07と安定したスコアを記録しています。

11月はIEM Chicago 2018では、MIBRやAstralisに勝利しましたがプレイオフでLiquidに敗れ惜しくもベスト4で終了しました。

FaZeは2018年最後のビッグイベントであるESL Pro Leauge Season8、ECS Season6、互いに地域予選で上位入賞を果たせず本戦への出場を逃しています。

rainは「2018年は2017年に比べパフォーマンスが下がりました。来年の目標はゲーム内でもゲーム外でも2017年のパフォーマンスに戻ることです。ジムに通い、健康的な生活がどれほどプレイに影響を与えるのかを皆さんに見せます。」と答えています。

rainが18位に選出された理由としては4つのEVPの受賞に加え、IEM Sydney 2018、ESL One Belo Horizonteの優勝が大きな理由と発表されています。

TOP 20 PLAYERS OF 2018: RAIN (18)

コメント


Sponsored Link