スポンサーリンク

CS:GOトップ20プレイヤー2018 第14位 : oskar


Sponsored link



CS:GOトップ20プレイヤー2018 第15位に、mousesportsに所属しているoskerがランクインしました。

現在27歳のoskerは17歳の時に、ESWC 2008で初めて国際大会に出場しました。その頃、世界の有名プレイヤーが集うIRCチャンネルに招待され、自分の実力を証明しようと試み、GeT_RiGhT、f0rest等のプレイヤーとプレイしました。しかし、oskerはチェコやスロバキアの国内でのシーンに留まりました。

CSGOシーンの初期の2013年は、GuardiaNと共にmyDGB.net、3DMAXでプレイしました。myDGB.netでは、オフライン大会にて当時一強だったNiP、VeryGamesに続き3位を獲得。しかし、3DMAXでは結果を残せずに終了しました。

当時の事について、oskerは「私はCS1.6からCSGOに移行したくなかったのでCSGOのあらゆる欠点を探しました。後に、GuardiaNとチームに参加するまでは絶対にCSGOをプレイしないと決めていました。」と述べています。

2015年には、FPLにて人気を博すようになり、Faceitのpugシステムのヨーロッパ部門にてすぐトッププレイヤーの1人となり国際的なシーンにて名を知らしめるようになりました。

2016年1月にはHellRaisersに加入し、メジャー大会MLG Columbus 2016に出場します。okserは「HellRaisersで過ごした期間が私のキャリアを形作りました。初めて本当のプレイヤー契約を得て、プレイにのみ集中できる環境ができました。また、この頃より英語でのコミュニケーションを初めました。」とコメントを残しています。

2016年8月には、mousesportsに加入しました。2017年の大会ではESG Tour mykonosでMVPを受賞し、2017年のトップ20プレイヤーにて16位に選出されています。


Sponsored link


2018年に入り、oskerは16のオフライン大会に出場しました。


2018年最初の大会であるメジャー大会ELEAGUE Major 2018ではベスト8に入り、Legend Stageを獲得。Ratingは1.23を記録しています。

2月に行われたStarSeries i-League Season 4、V4 Future Sports Festivalでは優勝、Ratingは1.17、1.24とEVP、MVPを獲得。V4 Future Sports FestivalではHLTVにてハイライトムービーが作成されています。


5月に行われたStarSeries i-League Season 5では、ベスト4に入りRatingは1.19とEVPを獲得しています。

7月にはVirtus.proよりSnaxが移籍しSTYKOに代わりラインナップに加入しました。ラインナップを変更してからの最初の大会ESL One Cologne 2018では9-12位と好調なスタートは切れませんでした。oskerはこのラインナップの変更について「Snaxが加入してESL One New Yorkでは優勝しましたが、チームにSnaxが噛み合っていないことは誰もがわかっていました。Snaxはいい選手ですがポーランドの選手と上手く合うと思います。」とコメントを残しています。

続いて行われたELEAUGE Premier 2018、DreamHack Masters Stockholm 2018では互いにベスト4に入り、Ratingは1.11、1.08と平均以上の成績を残しています。

9月に開催されたメジャー大会Faceit Major 2018では0勝3敗で1勝もできずに大会から去る結果となり、oskerは2018年で最も低いRatingの0.87を記録しています。

その3日後に開催されたESL One New York 2018ではLiquidを破り優勝しています。oskerはRating 1.13を獲得しEVPに選出されています。

10月に行われたStarSeries i-League Season 5では16チーム中9-11位といった結果で終了しますが、Ratingは1.25と2018年で最も高いRatingを記録しています。

12月に開催された大会、ECS Season 6 Finals、ESL Pro League Season 8 Finalsでは5-6位、ベスト4で、それぞれRatingは1.20、1.17といった結果で2018年を締めくくります。

oskerが14位に選出された大きな理由としては、2018年で2番目に成績が優れたAWPerとなっておりAWPでのトータルキル数は1610、1ラウンドでのAWPキルでの確率は0.42となっています。また、クラッチシーンも多く1vsXで勝利した回数は54回と6位にランクインしています。

また、印象的なシーンも多くAWP3枚抜きのシーンはHLTVのスタッフが選出したベストプレイムービーの10位にランクインしています。

TOP 20 PLAYERS OF 2018: OSKAR (14)


Sponsored link

コメントを投稿

0 コメント