MIBRに所属しているプレイヤーcoldzeraが悪質なStream Snipingの為、配信活動を休止する事が明らかになっています。

Stream Snipingとは、配信を見ながら同じゲームに参加しており配信者に対して煽ったり迷惑プレイなどをする事で、先日のcoldzeraの配信にて同じ試合をしている相手プレイヤーがプロフィール画像をTwitchの規約上BAN対象となる画像にわざと変更するといった事態が度々起きていました。


coldzeraはこの件に関して、自身のTwitterにて「私は1年前にもあなた達視聴者が何も学んでいないため配信を中止しましたが、今回もそうする必要があります。」とツイートしています。また、同時に添付している画像には自身のTwitchのコメント欄に「私のコミュニティには誰も敬意を払っていません。もし私が今後配信するのであれば、カメラ、チャット、マイクをなしで配信するでしょう。」とコメントの画像を投稿しています。


設定メニューでHUDを非表示にしたらこの問題を回避できる等のコメントも寄せられていますが、Tabキーを押した場合や、其のプレイヤーをキルした際にプロフィール画像は表示されるため完全な対策にはなりません。対策する方法はあると思いますが常にその危険を感じながら配信をするのは楽しんでみている視聴者にとっても配信者にとっても快適なものではありません。

いずれにせよ、世界のトッププレイヤーであるcoldzeraの配信がStream Sniperの為見れなくなる事は本当に残念な事です。

coldzera announced that he won't stream with webcam/chat/voice anymore. Players on the other team were trying to get him banned.

コメントを投稿

Sponsored link



おすすめ記事