現在、Renegadesに所属しているjksがインタビューに答えています。以下、インタビューより一部抜粋したコメントを引用します。

原文 : JKS: “NIFTY WAS A GOOD IGL, BUT I THINK IT SUITS AZR MORE.

新たに加入したGratisfactionとNiftyの類似点について


ゲーム外での彼らは凄く似ているよ。一緒に居て思いましたが2人はすごく冷静です。彼らはいつもムードを上げ、決して落ち込むことはありません。

ゲーム面では、Gratは本当にいい選手だと思います。彼は以前にGrayhoundに所属しており国際的な経験もあり熟練したスキルを持っていますが、まだ比較的にヨーロッパのLANでは経験が少ないです。

しかし、彼は私達が期待していたより、良いプレイをしてくれる。私達は彼を選ぶ前に良い選手である事を知っていましたが、私が思ってたよりもずっとよくやってくれます。



以前はAZRがセカンドIGLのroleだったらしいですが、変化はありましたか?


NiftyがIGLで、AZRがセカンドIGL的な役割でしたが本当に上手くやっていたと思います。なので、彼がIGLを果たすのは自然な事だと思います。そして、Niftyも良いIGLでしたがAZRはもっと適していると思います。以前も、彼はいつもIGLに情報を与えるタイプのプレイヤーでした。



Niftyと言うIGLを失い新たにオーストラリアの才能のあるプレイヤー2人が加入しましたが役割にどのような変化がありましたか?


新たに加入したliazzは私のroleと同じでしたが、時間の経過と共に新しいroleに慣れてきました。

そして、私達はIGLのNiftyを失いAZRが新たなIGLになりました。彼は今、本当にいい仕事をしています。私はAZRがプレイヤーとしてIGLに合っていると思います。彼はラウンド中にスイッチの切替ができるプレイヤーです。

2人のプレイヤーが加入したての頃は、少し慣れませんでしが今はかなりうまくいくと思います。



現在のセカンドIGLは決まっていますか?


いいえ。IGLに情報を与えるのは、皆がやる普通の事だと思います。投げ物や、ロテート、又は何かに気付いた時、私達はIGLに情報を与えます。私はそれをほとんどのチームでは当然にやっていると思いますし、Liazzはマップの反対側にいるのでほとんどの場合同じ事をやっています。だから、私達はAZRへ情報を与え、彼が最後にコールをします。

1 コメント

  1. Renegades残念だったなぁ…地味に応援してるわ

    返信削除

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事