Sponsored link




先日開催されたECS Season 6 Finalsにて優勝を収めた「Astralis」のdupreeh、dev1ce、Xyp9xの獲得賞金総額がCS:GOプレイヤー初の100万ドル(約1億円)を突破した事が明らかになっています。

賞金総額66万ドルECS Season 6 Finalsにて「Astralis」が「MIBR」に勝利し優勝|Astralisは今年8度目となる国際大会優勝|CSGO4JP

この3人のプレイヤーは長いCounter Strikeの歴史の中で、獲得賞金総額が100万ドルを達成した初のプレイヤーになります。

・Andreas "Xyp9x" Højsleth: $1,038,721.90 (約1億1800万円)
・Peter "Dupreeh" Rasmussen: $1,035,922.74 (約1億1750万円)
・Nicolai "Dev1ce" Reedtz $1,003,423.21 (約1億1400万円)

上記の3人は、2013年のCopenhagen Wolvesより共にプレイしておりDignitas、TSMなどのチームを渡り歩き今年で約5年目となります。

Astralisの残り2名のgla1ve、Mgiskは100万ドルを突破していませんが、それぞれ約87万ドル、約63万ドルを獲得しています。

Astralisは、2016年に創設され僅か3年間でチーム獲得賞金総額約450万ドル(約5億円)を記録しています。

CS:GOプレイヤーにとっては初の快挙となりますが、eSportsプレイヤーの全体のランキングでは57位となり、1位~56位はDota2のプレイヤーとなります。

参考 : eSports Player 獲得賞金額ランキング (英語)

Astralisは2018年の1年間で約8回の国際大会優勝といった結果を残しており、12月には更に2つの国際大会に出場する予定です。


Sponsored link

コメント


Sponsored Link