スポンサーリンク

【CSGO】2018/10/3のアップデート│一部のマップでFBIのキャラクターモデルに変更│MP5がMMでも使用可能に│Inferno Nuke Collectionがドロップするように



2018年10月3日にCSGOのアップデートが実施されました。

GAMEPLAY

・Nuke、Agency、OfficeのマップにてCTのキャラクターモデルがFBIのモデルに更新。
・マッチメイキング(MM)においてもMP5-SDが使用可能に。
・新しいコンソール「mp_solid_teammaets 2」を追加。これにより、カジュアルなどの味方が透けるゲームモードにおいてもチームメイトの上を登ることができるようになります。

その他

新たに追加されたInferno CollectionとNuke Collectionがランクアップドロップにてドロップ。
・新たに追加されたInferno CollectionのSSG 08とMAC-10のアルファチャンネルが更新。
・オーディオデバイスの設定が適切に保存されないケースを修正。
・Beartooth Music KitのMVPボリュームを修正。

パノラマ

・MacOSとLinuxOSでのOpenGLコンテキストのVRAMリークを修正。
・MacOSでの左クリックの問題を修正。
・MacOSとLinuxOSでの複数のパフォーマンスを修正。
・DXT3圧縮を使用したDDSファイルのサポートを追加。
・DDSでエンコードされたPNGファイルのサポートを追加。

マップ

Nuke
・Tサイトかランプをわずかに広くする廊下を作った。
・トロフィールームにつながるドアを僅かに移動させた。
・CTのキャラクターモデルをFBIに変更。

Train
・Aサイトの列車の上にある角を取り除いた。(以下画像参照)

 
・Aサイトでのプレイヤーの衝突を改善
・Aの天井に手榴弾の衝突を追加。

Office
・部分的に破壊できる窓でなく、完全に破壊できる窓を追加。
・雪だるまの頭を撃った時に帽子が落ちるようになった。
・階段での動きをなめらかにした。
・CTスポーンのトラックガレージを拡大。
・Tスポーンでの一部の家具を移動。
・少しのグラフィカルグリッチを修正。
・CTスポーンでの照明を修正。


スポンサードリンク

コメントを投稿

0 コメント