「Evil Geniuses」にtarikに代わってMICHUが加入したことが、チームの公式Twitterより発表されています。

Evil Geniuses CS:GO部門創設時のメンバーとしてチームを率いてきたtarikですが、約1年半年の活動でラインナップより辞任を発表。公式サイトより公開された声明では、「次のキャリアを模索しながら、Evil Geniusesのバナーの下でストリーミングとコンテンツ制作に集中します。」と記載されており、コンテンツクリエイター兼ストリーマーとして活動しつつ、今後について決定すると明かしています。

また、辞任を発表したtarikに代わって、Evil Geniusesはポーランド出身のプレイヤーMICHUを獲得。G2、Kinguin、Virtus.proなど、長らくポーランド国内のCS:GOチームで活動していましたが、Envyに続く、2度目の国際チームとなります。

新たにMICHUが加入したEvil Geniusesのラインナップは以下になります。チームは今月19日より開幕するFunSpark ULTI 2020 Europe Finalに新ラインナップで出場予定です。

 Vincent "Brehze" Cayonte
 Tsvetelin "CeRq" Dimitrov
 Peter "stanislaw" Jarguz
 Owen "⁠oBo⁠" Schlatter
 Michał "MICHU" Müller
 Wilton "zews" Prado (コーチ)
 Tarik "tarik" Celik (ベンチ)

5 コメント

  1. こいつの名前ミユなのかミヒュなのかミチュなのかいまだにわからん

    返信削除
  2. キャスターはみんなミフって発音してるね
    というか最近は選手の母国語の発音が尊重されてる気がする

    返信削除
  3. 辞任だったのか…まあ辞任に追い込まれただけなのかもしれんけど
    色々な役割する器用な選手で見てて面白かったな

    返信削除
  4. 母国語での発音の尊重いいね
    takejがteik-jay言われてたのがなつかしいな

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link