HLTV.orgが選ぶ2020年度の年間トッププレイヤーランキング16位にFURIA所属のHEN1がランクインしています。

現在25歳のブラジル出身のプレイヤーHEN1は、2019年9月にLuminosity GamingからFURIAへ移籍、FURIA移籍後はAWPerとしてチームを牽引し、2020年は3つのタイトルを獲得。個人では5つのEVP、ESL Pro League Season 12 NAではMVPを獲得しています。

2020年、HEN1は1年を通してRating 1.15を記録、deaths per round(ラウンド毎の死亡率)は0.58で全プレイヤーで1位を記録しています。


Counter Strikeでのキャリア

(HEN1がCounter Strikeを始めたのは7歳。自宅にPCが1台しかなかったため、家族でインターネットカフェでプレイしていた。)

私、LUCAS1*、pdf1*、父と共にプレイしており、当時のCounter Strikeは本当に大好きで、とても楽しかったです。cogu、fnx、KIKOOOO、nak、elllllllのMIBRの試合*を見たことを覚えています。

私たち家族は2008、2009年に家族でチーム活動(私、兄弟、父)をスタートしました。いくつかの大会に出場し、結果を残しましたが、ブラジル国内規模の大会でプレイできたのは2011年だけでした。

当時はかなり知られているチームで、その後も成長を続け、ブラジル国内で勝ち続け、2013年~2014年にLUCAS1と私はFalleN、fer、fnxのチーム(KaBuM)に参加しました。以降はブラジル国内大会で連覇を重ねました。

*LUCAS1 - HEN1の実の双子
*pdf1 - HEN1、LUCAS1の実の兄。2018年に競技シーンから引退。
*ESWC 2006でしょうか。


2018年の100 Thieves解散

今日に至るまで、私たちはまだその話に磔にされています。私たちは何も悪いことはしていません。kNgは私たちの兄弟です。彼はSNS上での振る舞いに問題がありましたが、彼をよく知る人は、彼がいかに素晴らしい人物かよく知っています。

当時起こったことの裏に何があったかは誰にも分かりませんが、それは過去の話であり、私たちはそれを既に乗り超えています。そのため、それについて話すことはあまり好きではありません。


長年共にプレイしたLUCAS1との別れ

LUCAS1とチームを離れることは本当に辛かったです。しかし、ゲーム面で進化する必要があり、一人の人として自立するようになりました。今日、私がタイトル獲得、試合での勝利を祝うときにLUCAS1がいなくて寂しいです。私は試合後にいつも彼に電話し、一緒に泣く時もあります。


2020年の最悪な思い出、最高の思い出

2020年の最悪な思い出は、今年初のオフライン大会であったDreamHack Open Anaheim 2020での準優勝。その大会は勝てたはずでした。

ESL Pro League Season 12 NAは一番の思い出です。その大会では全試合で上手くプレイ出来ました。MVP、タイトル獲得は私にとって貴重なものでした。特に私生活で変化があった厳しい時期だったので、当時はとても幸せでした。


ヨーロッパへの遠征

ヨーロッパでの遠征は素晴らしく、練習とプレイのための良い環境がありました。そこで1ヵ月練習できていれば、大会で勝つことが出来たと思います。G2、OG、Virtus.pro、Heroic、Complexityなどの素晴らしいチームを打ち負かし、私たちは全てのことを考慮した上で、自分たちのことをよく理解していたと思います。


2021年に期待されるプレイヤー

dumau。彼は非常に熟練していて賢いプレイヤーです。彼がトップチームに入ることができれば、世界最高の選手になると確信しています。

6 コメント

  1. 犯罪ブラザーズの頃と比べてまるくなってよかったわ

    返信削除
  2. LUCAS1とkngが明らかにやばい奴だったからなぁ
    hen1はこの二人に引きずられてる様だったから離れて良かったわ

    返信削除
  3. ブラジル人が全員あんな感じとは言わないけど犯罪率の高さとかみると
    ああいう殺害予告が日常的におこなわれてもおかしくはないよなって納得できるメンツとチームではあった

    返信削除
  4. kNgって実際何したの

    返信削除
  5. 何かの大会で入国許可通らなくて
    犯罪歴あるからでは?って言われてた気がするな

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link