HLTV.orgが選ぶ2020年度の年間トッププレイヤーランキング20位にEvil Geniuses所属のBrehzeがランクインしています。

新型コロナウイルスの流行により、アメリカとヨーロッパが断絶された2020年。コロナ禍の中、Evil Geniusesは3つのタイトルを獲得、Brehze本人は年間を通してのHLTV Ratingは1.15を獲得、cs_summit 6 NAではMVPを獲得しています。

クリック・タップで拡大できます

オンラインへ移行した競技シーン

当初、オンラインプレイへ戻るのは非常に大変でした。全く違うゲームの様に感じ、異国の地での大会、オフライン大会にも慣れていたため、家にいることが外国にいるように感じていました。

北米のチームは国際大会に出場しておらず、オンラインのメタにも慣れている北米のチームと多く対戦したため、彼らと同じようにプレイをするために再調整する必要がありました。


MIBRより新たに加入したコーチzewsについて

私たちはzewsとの調整期間が必要でした。stanislaw以外、誰も彼とチームを組んだ経験が無かったため、1から基盤を作る必要がありました。


成績が低迷するチームから来るプレッシャー

パフォーマンスを理由としたプレッシャーは感じていませんでした。当時の時点で、北米に留まることで改善はできなかったと思います。毎回相手のレベルに合わせてプレイしていたし、負けてはいけないと思っているチームに負けたことで、自信を少し失っていたかもしれません。


2020年末のヨーロッパでの惨敗

トップレベルの大会から離れたことで、ある程度のダメージは受けましたが、トップチームにも勝てることは分かっていました。しかし、ヨーロッパのスタイルに慣れるための時間が必要でした。

負けた後も練習を続けましたが、ヨーロッパに着いた時と離れた時で一昼夜の時差があったため、もっと早くヨーロッパへ行き、もっと練習する時間があれば、より高いパフォーマンスを出せていたと思います。


今後活躍するであろうプレイヤーの予想

cxzi。彼は非常に勤勉であり、FPLで彼を見かける度に、コールをかけ、アイデアを出してくれます。彼は更に良くなる気がします。

コメント


Sponsored Link