Amazon ゲーミングデバイス祭り

フィンランドのCS:GOチーム「ENCE」よりsergejがベンチに移動したことがチームの公式Twitterよりアナウンスされています。

2018年4月、当時16歳の年齢でENCEへ加入したフィンランドのプレイヤーsergejは、競技シーンのモチベーションの低下、フィンランドの徴兵制度を理由に自身の決断でラインナップから離脱を発表、チームには代わってSJ GamingのSADDYXがスタンドインで参加します。

現在18歳のsergejは、ENCE CS:GO部門再結成時よりチームのエースプレイヤーとして活動、メジャー大会IEM Katowice 2019での準優勝を皮切りに、StarSeries & i-League CS:GO Season 6、BLAST Pro Series: Madrid 2019で優勝、2019年にはHLTVが選ぶ年間プレイヤーランキングで13位に選出されています。

IEM Katowice 2019で準優勝を獲得したメンバーであるAleksib、xseveN、Aerial、sergejがラインナップより離脱し、当時のメンバーはAlluのみとなったENCEですが、直近の大会でも連続して最下位が続いており、HLTV世界ランキングは27位まで減少しています。

新たにSADDYXが参加したENCEのラインナップは以下になります。チームは今月30日よりスタートするDreamHack Masters Winter 2020 Europeに出場予定です。

 Aleksi "allu" Jalli
 Miikka "suNny" Kemppi
 Elias "Jamppi" Olkkonen
 Joonas "⁠doto⁠" Forss
 Tuomas "⁠SADDYX⁠" Louhimaa (ローン)
 Eetu "⁠sAw⁠" Saha (コーチ)
 Jere "sergej" Salo (ベンチ)

2 コメント

  1. OGのバックアップに来てほしい

    返信削除
  2. 徴兵から帰ってきたらムキムキタトゥーマンになってそう

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link