2回の世界大会優勝経験を持つ女性CS:GOチーム「Dignitas Fe」がCS:GO、VALORANTの2つのタイトルで活動することを発表しています。


2017年に設立されたDignitas Feは、女性チームのみが参加可能のCS:GO世界大会Intel Challenge Katowiceにて2018年から2019年にかけ2回の優勝経験を持つチームで、その他の世界大会GIRLGAMER Esports Festivalでは2017年から2018年にかけ2連覇を達成しています。


CS:GOとVALORANTの2タイトルで活動するプロチームは初で、今回の発表についてチームリーダーを務めるEMUHLEETは「私たちのチームはCS:GOで磨いた多数のスキル(連携プレイ、コミュニケーション、反射神経、戦術、チームとしての目標)をVALORANTでも活用します。」と答え、CS:GOで培えたスキルを駆使しVALORANTでもトップを目指す意向を明かしています。

チームには先日脱退を発表したartStarに代わり、Bouchardがトライアルで加入、コーチのXp3はVALORANTでも引き続きコーチングを続けることを発表しています。

また、Dignitas Feは5月17日より行われりElite Esportsに出場予定で、今大会にはCloud9、Sentinels、Tempo Storm、Orbit、Envy、mouseSpaz*といった既に本格始動しているチームが出場を予定しています。

*mouseSpazはreltuC、hazerd、Wardell、Subroza、droneの元CS:GOプレイヤーで構成されたチーム

新たに2タイトルでの活動をスタートしたDignitas Feのラインナップは以下になります。

 Emmalee "EMUHLEET" Garrido
 Kiara "milk" Makua
 Amanda "rain" Smith
 Melisa "Theia" Mundorff
 Julie "Bouchard" Bouchard (トライアル)
 David "Xp3" Garrido (コーチ)

コメント


Sponsored Link