「PUBG Mobile」に「CS:GO」のスキンに酷似したスキンが見つかったことが海外掲示板Redditより明らかになっています。

PUBG Mobileは直近のアップデートで新スキン「M16A4 Psycho Savage」を追加、海外掲示板RedditではPUBG Mobileで新たに導入されたスキンがCS:GOの「AK-47 Neon Revolution」に非常に酷似していることが話題となっています。

2つのスキンの唯一の違いはM16A4 Psycho Savageに白いストライプ柄が入っているのみで、その他の配色やデザインは非常に酷似しています。


また、昨年にはPUBG MobileにCS:GOの人気スキン「Neo-Noir」に似ている「QZB-95 Phantom」がリリースされており、酷似したスキンが発見されるのは今回が初では無いようです。


CS:GOはコミュニティユーザーがスキンを制作でき、アイテムワークショップで共有し高い評価を得ると実際にゲームスキンとして採用される可能性があります。

2014年にはCS:GOに登場したM4A4 HowlのスキンがDMCA(デジタルミレニアム著作権法)を侵害していることを理由にゲームから削除、現在はその価格が非常に高騰しています。

当時、Steamは「この問題は非常に深刻であり、それを解決するため適切な措置をとった」とコメントを述べていますが、CS:GO内のスキンが他ゲームにコピーされることについて訴訟を起こした事例は過去になく、コミュニティでは「恐らく今回も音沙汰なく終わるだろう」といったコメントが寄せられています。

2 コメント

  1. 安定のチャイナ

    返信削除
  2. m762 toxicもベースはネオンレボリューションに見える

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link