「WESG 2019-2020 日本予選」オフライン決勝にて「Absolute」が「ちんぱんじ~」を制し優勝、APAC Finalsへの出場権を獲得しています。

WESG 2019-2020 日本予選

WESG 2019-2020 日本予選 オフライン決勝は12月14日(土曜日)に東京・渋谷PARCO「価格.com GG Shibuya Mobile esports cafe&bar」にて行われた賞金総額24,000ドル(約260万円)のオフライン大会です。

優勝チームは優勝賞金20,000ドル(約220万円)と来年1月よりマレーシア・クアラルンプールで行われるWESG 2019-2020 APAC Finalsへ出場します。



日本予選 決勝 Absolute vs ちんぱんじ~

 Absolute [2-0]  ちんぱんじ~
 Absolute [16-1]  ちんぱんじ~ (Vertigo)
 Absolute [16-3]  ちんぱんじ~ (Mirage)

決勝はオンライン予選を勝ち抜いたAbsolute、ちんぱんじ~が対戦、1stマップVertigoよりAbsoluteが16-1と大きなリードを広げ勝利し、続く2ndマップMirageも16-3と圧倒的スコアで制し優勝、優勝賞金20,000ドルとAPAC Finalsへの出場権を手にしました。



配信アーカイブ



WESG 2019-2020 APAC Finals 出場チーム

WESG 2019-2020 APAC Finalsはマレーシア・クアラルンプールで2020年1月2日より5日にかけて行われるオフライン大会です。各アジア地域の予選を勝ち抜いた計16チームが出場し、上位2チームが賞金総額100万ドル(約1.1億円)の本戦への出場権を獲得します。

現在、16チーム中14チームが決定しており、以下のようになっています。

 ViCi / Lynn Vision (中国予選 2位)
 TYLOO (中国予選 3位)
 Rising-Stars (中国予選 4位)
 AVANGAR (中央アジア予選 1位)
 Syman (中央アジア予選 2位)
 dream[S]cape (東南アジア予選 2位)
 Lucid Dream (東南アジア予選 3位)
 BL4ZE (南アジア予選 1位)
 Global Esports (南アジア予選 2位)
 og3od (西アジア予選 1位)
 YaLLa Esports (西アジア予選 2位)
 Camel Riders (中東アジア予選 1位)
 Ground Zero (オセアニア予選 1位)
 ikarus (韓国予選 1位)
 Absolute (日本予選 1位)
 未定 (モンゴル予選)

中国予選ではTYLOO、Rising-Star(旧5POWER)といったチームが中国予選より出場を決めており、中央アジア予選では前回のメジャー大会準優勝チームのAVANGAR、メジャー出場チームSymanといった強豪チームがAPAC Finalsへの出場権を獲得しています。

東南アジア予選ではdream[S]cape、Lucid Dreamといった実力派チームが出場を決めており、本戦へ出場できるのは上位2チームのみのため、厳しい戦いになることが予想されますが、Absoluteは直近のアジア大会にて着実と結果を見せているため、上位入賞が期待されます。

5 コメント

  1. 予選やらなくていいだろ

    返信削除
  2. AVANGARと戦ってほしい

    返信削除
  3. 知ってたから行かなかった

    返信削除
  4. いくら強くても関係のない問題に捨てTwitterアカウント使って勝手な認定していくスタイルのガイジがいるチームはNG

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link