League of Legendsを運営する「Riot Games」が名前の類似性からCS:GOチーム「Riot Squad」に対して訴訟を起こしている事が明らかとなっています。

Riot Gamesが起こした訴訟の文章によると、Riot GamesはRiot Squadに対してチームがグッズやメディアで「Riot」という言葉を使用する事を容認しない旨を明かしており、チームを結成して半年も満たないRiot Squadに対し「Riotといった言葉を使用した事による損害の補償」を要求する事を明らかにています。

Riot Gamesはeスポーツとゲームに関連した「Riot」と「Riot Games」の両方の商標を所有しており、『Riot Squadは「ゲーマーの為にゲーマーによって設立したチーム」といったキャッチコピーを主張しており、チームのマーケティング、広告、プロモーションに関してRiotのブランド名を不当かつ違法に採用した。』と文中に述べ、Riot Gamesのスタッフ・経営陣に対し、利益の為「Riot」のブランド名を活用した事を主張しています。

また、「Riotといった言葉を使用している事により消費者はRiot Gamesと何らかの形で関連付けられている、または提携していると誤解する可能性があります。」と明かしており、Riot SquadがRiot Gamesと提携している事を暗示する事を視聴者に思わせているといった事を述べています。


Riot Squadは、今年3月に始動した新進気鋭のeスポーツチームであり、CSGO、Fortnite、Raibow Six Siege、Apex Legends、PUBGとった部門を所有しています。

特にCS:GO部門には力を注いでおり、Cloud9やCLG、TSM、compLexityといったチームで活躍したFNSや、NRGやDignitasといったチームで活躍したptrといったベテランプレイヤーに加え、crashies、Jonjiといった若手プレイヤーがチームに在籍しています。

現在、Riot Squadは今回の訴訟に対してコメントを公開しておらず、チームの今後の対処については明らかになっていません。

4 コメント

  1. こういうのってチームとして登録したときに警告とか来るのだろうか

    返信削除
  2. Riotっていう単語自体が元から存在するのに使用差し止めなんて請求できるの?
    俺が無知なだけなんだろうけど横暴に感じる

    返信削除
    返信
    1. eスポーツとゲームに関連した「Riot」の商標を獲得って事は、他のeスポーツチームとかゲームとかが使ったら駄目ってことじゃないかな

      削除
  3. 「Riot Gamesはeスポーツとゲームに関連した「Riot」と「Riot Games」の両方の商標を所有しており」ってRiotなんちゃらってタイトルのゲームも今後発売できないってこと?

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link