賞金総額10万ドル「eXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2019」の各地域予選の出場枠が発表されています。

eXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2019

eXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2019は中国・上海にて11月14日~17日の3日間に予定されている賞金総額10万ドル(約1100万円)のオフラインCSGO大会です。アジアのCSシーンの発展、コミュニティの成長を目標として掲げている大会でアジア各地の予選を勝ち抜いたそれぞれの国の代表チームが出場します。

昨年は中国、韓国、モンゴル、シンガポール、日本等のアジア地区の予選を勝ち抜いた全16チームが出場し、日本予選はサードウェーブが主催する国内大会を介し、本戦への出場を決定しました。

今年度行われるeXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2019は、昨年行われたeXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2018の各国ごとの予選と異なり、大きくCentral Asia(中央アジア)、East Asia(東アジア)、South East Asia(東南アジア)、Oceania(オセアニア)、South Asia(南アジア)、Middle East(中東)の6つの地域に分かれ、各地域毎にそれぞれ出場枠が用意されています。

各地域予選の出場可能国

今年度は出場可能地域ごとに予選が分かれており、地域によっては国ごとの予選ではなくその地域をまとめて予選が行われます。また、日本が分類されているEast Asia地域では日本より1枠が用意されています。

各地域予選の出場枠は以下のようになっています。

Central Asia(中央アジア)
・中国予選 (2枠)
・台湾/香港/マカオ予選 (1枠)

East Asia(東アジア)
・モンゴル予選 (1枠)
・日本予選 (1枠)
・韓国予選 (1枠)

South East Asia(東南アジア)
・東南アジア予選 (3枠)
-マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ブルネイ、カンボジア、ミャンマー、ラオスより出場可能
・タイ予選 (1枠)
・ベトナム予選 (1枠)

Oceania(オセアニア)
・オセアニア予選 (2枠)
-オーストラリア、ニュージーランドより出場可能

South Asia(南アジア)
・南アジア予選 (1枠)
-インド、バングラデシュ、ネパール、ブータン、スリランカ、モルディブより出場可能

Middle East(中東)
・中東アジア予選 (2枠)
-アラブ首長国連邦、サウジアラビア、クウェート、カタール、レバノン、パキスタン、トルコより出場可能

上記のように地域によっては国ごとの予選ではなくその地域をまとめて予選が行われる為、場合によっては3枠用意されている東南アジア予選よりマレーシアのチームが3チーム予選を通過するといった場合も考えられます。

また、各地域予選の出場登録に関してはeXTREMESLAND公式サイト、もしくは各メディアより発表予定です。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link