2019年5月29日(日本時間5月30日)にCSGOのアップデートが実施されています。

Matchmaking

・マップRubyを公式マッチメイキング(MM)に追加した。
・マップZooを公式マッチメイキングより削除した。
・同じ試合にて1人のプレイヤーが複数のチームメイトを乱暴に投票してキックした場合、1段階のクールダウンを喰らうようになった。(翻訳が怪しいので原文載せときます。)
・Players will now be limited to a single cooldown level for abusively kicking teammates even if they vote kick multiple teammates in the same match.

Danger Zone

・Rader Jammerの価格を$1,250に下げた。
・シールドの窓のサイズを少し小さくした。
・ウォームアップ時のパラシュート落下を少し高い位置より開始するようにした。
・購入メニューの利用方法についてのヒントをウォームアップ中に表示しないようにした。

その他

・新たに作成されたマップに含まれているデータを使用し、最適化されたマップをロードするようにした。
・サウンドパラメーターを調整するために開発コマンドを削除した。
・Vertigoのレーダーマップを更新した。
・デカールレンダリングの安定性が向上した。

MAPS

Ruby
・路面電車のバグを修正した。
・全体的に小さな修正をした。

コメント


Sponsored Link