スポンサーリンク

Aerial「大会前の2週間160時間を練習に費やし、それほど今大会で結果を残すという思いが強かったです。」


Sponsored link


BLAST Pro Seires Madrid 2019にてMVPを獲得したAerialのインタビューがHLTVにて公開されています。

Aerial: "I had like 160 hours in two weeks [...] I really wanted to win this tournament and get the MVP"

インタビューでは大会を通して良いプレイを取れた理由、AstralisのNuke連勝記録を止めた事等について答えています。以下、インタビューより一部抜粋したコメントを引用します。


大会が始まる前、とても気分が良かったと仰っていましたが何故ですか?


私達は以前のLAN大会から1ヶ月以上が経っていて、久々にオフラインでプレイするためメンバー皆が高揚していました。この1ヶ月の間はオンラインの試合をした程度で、練習もせずにちょっとした休暇期間だったので、皆のモチベーションが上がっていました。



大会を通して良いスコアを残していますが、何がスタイルを変更しましたか?


通常の私は一貫性のないプレイヤーで、チーム内トップのスコアを残す時もあれば、チーム最下位のスコアを残す時もあります。今大会は1試合を除き、すべての試合でとても良いプレイをできたと思います。何故なら大会前に、何時間も練習を重ねてきたからです。

私は大会前の2週間160時間を練習に費やし、色々な事を試していました。一日のスケジュールは寝てゲーム、寝てゲームの繰り返しでそれほどこの大会で優勝を勝ち取り、MVPを手に入れるという思いが強かったです。



決勝においても素晴らしいスコアを残していますが、試合前はどのような気分でしたか?


私達はGiants戦にて16-14と拮抗した試合をし、私個人のスコアはそれほど良くありませんでした。

そして、決勝戦前にaim_botzをプレイし自身を取り戻しました。決勝戦ではイライラする事なく集中し続ける事ができ、試合中は良い考え方を持てば、素晴らしいプレイをできると確信しました。



AstralisのNuke30連勝をストップしましたが、なにか特別な準備をしていましたか?


私達のコーチTwistaはAstralisの様々な情報を詰め込んでおり、彼らがXvsXの状況にどのような動きをよくするなどの事について対策しており、準備は整っていました。

そして、試合ではそれ通りに動き実際にうまくいき16-9で勝利する事ができました。私達のコーチはAstarliとNukeで対決する時、私達は彼らを倒す事ができるだろうと言っており、それが実現しました。



チームの今後どのように成長していくと思いますか?


私達が今後も今の調子を保てれば、世界ランキング1位を獲得する可能性はかなりあると思います。

Sponsored link

コメントを投稿

0 コメント