スポンサーリンク

「IEM Sydney 2019」にてXANTARESに代わりBIGにLEGIJAがスタンドイン

Sponsored link


「IEM Sydney 2019」にてXANTARESに代わりBIGにLEGIJAがスタンドインする事が発表されています。


XANTARESはVISA問題のため、オーストラリアで開催されるIEM Sydney 2019に出場を辞退すると発表されており、代わって元BIGのメンバーで現在はCSGO部門の担当主任としてチームに所属しているLIGIJAがスタンドインします。

LIGIJAはCS1.6よりプロとして活躍するプレイヤーでCSGOではmousesports、NRG、BIG等でプレイヤーとしてプレイし、Kinguin、G2でコーチとして活躍したプレイヤーです。

BIGはXANTARESに代わりsmooyaをチームにスタンドインさせる事を予定していましたが、smooyaはESL Pro League Sesaon 9 North AmericasにてRengegadesにスタンドインしており、ESLの規約では他のチームでプレイした場合120日の間ESLが主催する大会では元のチームに出場する資格が得られないため、XANTARESに代わりLIGIJAがスタンドインします。

チームは以下のメンバーでIEM Sydney 2019に出場します。BIGはグループAにてmousesportsと初戦を戦います。

 Fatih "gob b" Dayik
 Johannes "tabseN" Wodarz
 Tizian "tiziaN" Feldbusch
 Johannes "nex" Maget
 Nikola 'LEGIJA' Ninić (スタンドイン)
 Alexander "kakafu" Szymanczyk (コーチ)

Sponsored link

コメントを投稿

0 コメント