賞金総額約170万円「Asian Development League 2019 Season 1」にて5POWERが優勝した事が発表されています。また、日本より招待出場したAbsoluteは7位といった結果で終了しました。

Asian Development League 2019 Season 1

Asian Development League 2019 Sesaon 1は3月~4月にかけて行われた賞金総額約170万円のオンライン大会です。予選は出場してる10チームの総当たり戦のリーグを行わい、上位4チームがプレイオフへと出場します。

Asian Development League 2019は1年で4シーズンに渡り開催する事を発表しており、4シーズン含め賞金総額650万円で開催されます。

Asian Development Leagueとは

Asian Development League(通称ADL)はVision Studioと中国の動画配信サービス「Douyu TV」が提携しスタートしたオンラインリーグです。

ADLはアジア圏のCSGOシーンの発展と、将来的にアジアに新たなプラットフォームを提供できるプロリーグを構築する事を目標としています。

Season 1 結果

グループ予選


全試合総当たりのグループ予選ではBTRG、EHOME、5POWER、BOOT-d[S]が上位4チームに入り、プレイオフ進出を決めました。

BTRGはHellRaisers等のスタンドイン経験があるfejtZを含むヨーロッパプレイヤーが2名とBOOT-d[S]よりImpressioNが加入し大幅な強化が加えられ、8勝1敗のスコアでグループ予選を1位通過しました。

また、日本より招待出場したAbsoluteはDreamHackやESL等の味会いたい会にも出場しつつの厳しいスケジュールの中、7位といった結果で終了しました。

プレイオフ

プレイオフではグループ予選1位通過の5POWERがUpper Bracket、Lower Bracket共に1回戦敗退し4位といった結果で終了、一方Upper Bracket1回戦で敗退した5POWERがLower Bracketより勝ち上がり決勝戦でBOOT-d[S]を2-1で破り優勝しました。

最終順位

1位 -  5POWER (約120万円)
2位 -  BOOT-d[S] (約50万円)
3位 -  EHOME
4位 -  BTRG
5位 -  Beyond
6位 -  Panda
7位 -  Absolute
8位 -  Lynn Vision
9位 -  ThirteenTeam
10位 -  ex-Storm Rider

1 コメント

コメントを投稿

Sponsored link



おすすめ記事