アメリカのeSportsチーム「Rogue」がCSGO部門を解散した事を発表しています。


RogueのCSGO部門解散の発表は、RogueよりSicKがcompLexityに移籍した直後に発表されました。

RogueのCEOのコメントによると、ラインナップの殆どが他のチームからのオファーを受け、解散を決定したと述べています。更にMSL、nikoの2人がデンマークのチームと交渉を進めていると明らかにし、MSLとnikoはOpTicへの移籍がほぼ確定と予測されます。

関連記事 : 「OpTic」に「Rogue」よりMSL、nikoが加入か

Rogueは昨年開催されたメジャー大会ELEAUGE Marjo Boston 2018、Faceit Major London 2018にAmericas Minorより進出し、出場しています。国際大会での上位入賞は少ないですが、予選より勝ち抜き様々な大会に出場しました。

また、今月末に開催されStarSeries i-League Sesaon 7の出場権を獲得しており、HikoのTwitterによると旧Rogueのメンバーで出場すると明らかにしています。

旧Rogueのラインナップは以下になります。

Daniel "vice" Kim
Spencer "Hiko" Martin
Mathias "MSL" Lauridsen
Nikolaj "niko" Kristensen

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link