スポンサーリンク

「SEA Fire Championship 2018」にてMiTHがIgnisに勝利し優勝│日本Ignisは惜しくも準優勝に



Sponsored link



「SEA Fire Championship 2018」にてMiTHがIgnisに勝利し優勝しました。

SEA FIRE CHAMPIONSHIP 2018

SEA FIRE CHAMPIONSHIP 2018はベトナム・ハノイにて10月26日~28日の2日間にて開催される賞金総額1万3千ドル(約145万円)のオフラインCS:GO大会です。日本よりはIgnisが招待出場します。

Semi Final

 Ignis [ 2-1 ]  GOSU
 Ignis [ 16-10 ]  GOSU (Mirage)
 Ignis [ 9-16 ]  GOSU (Train)
 Ignis [ 16-14 ]  GOSU (Inferno)

セミファイナルでは、優勝候補と言われるGOSUと対戦。HLTVランキングも互いに近く、選手達もTwitter上でライバルと呼ぶチームであり、序盤から終盤まで互いに拮抗した試合に。

1マップ目のMirageでは、Aセットをした後にHornetがBにフェイクをかけ、GOSUのプレイヤーをBに寄せ、Lekiaのみを残したAに入り占領すると言うフェイクのフェイクのような作戦を使い、BのHornetがAサイトをAWPで3KILL。解説のjuniorも「こんなん強すぎでしょ」と笑みをこぼしました。


3マップ目のInfernoでは、HornetのFBにより目が眩んだ敵を、oitaNが2KILL。


また、2人で砂場(PIT)に入りサイトとクロスで挟み強固な守りを形成。砂場のoitaNは"しゃがむ"だけで1人もやられずに勝利するラウンドも。



拮抗した試合のなか2-1で勝利し、準決勝はIgnisの勝利。

Grand Final

 Ignis [ 1-2 ]  MiTH
 Ignis [ 20-22 ]  MiTH (Dust2)
 Ignis [ 16-10 ]  MiTH (Inferno)
 Ignis [ 14-16 ]  MiTH (Train)

Grand FinalはタイのチームMiTHと対戦。ストリーマーで構成され、CSGOでは珍しい女性プレイヤーのJinNyがチームにスタンドインしています。Ignisは過去にMiTHとの試合経験が有りIEM Chicago 2018アジアオープン予選ではMiTHに敗退してます。

1マップ目のDust2では、RIPableがサブマシンガンのMP9でACEを決めIgnis側は一気に流れがつきます。



そのままIgnisは15-10と、勝利まであと1ラウンドのところまで行くが15-14の大事なラウンドでC1garetteS選手のACEでOTに。



OTの19-21の状況で、HornetがスモークをAWPで抜き1キルをとった後にRIPableの2キルでラウンドを取得するが22-20で1マップ目はMiTHの勝利に。



2マップ目はIgnisが取得し、試合は最終マップのTrainに。その後度重なるサーバートラブルに会いますが、実況のyue(@64xk)、解説のJUNiOR(@junior27015)の2人の時間を感じさせられないトークもあり、試合は終盤の13-15のIgnisはラウンドを1つも落とせないラウンドに。

Ignisはマネーが厳しい状況の中、ケブラー+ハンドガンを購入。nethがSSGで3キルを決め、ラウンドを取得。



14-15の中、IgnisはBサイトを占領し、nethとoitaNがコネクターからMiTHの裏を取るがMiTHはボム上にスモークを炊き、フェイク無しで解除。Hornetが、DE、AWPで2キルを決めるが、MiTHはそのままC4を解除。試合は14-16でMiTHが勝利し、優勝を決めました。



配信アーカイブ


最終順位

1位 -  MiTH.Streamer ($4,500)
2位 -  Ignis ($2,500)
3-4位 -  GOSU ($1,000)
3-4位 -  2990 eSports ($1,000)
5-6位 -  FrostFire ($1,000)
5-6位 -  Question Mark ($1,000)
7-8位 -  24BHB ($1,000)
7-8位 -  Sad Story ($1,000)

Sponsored link

コメントを投稿

0 コメント