Astralisがテクニカルポーズ中に手でコミュニケーションを取りコミュニティで話題となっています。

CSGOのプロルールではテクニカルポーズ(インターネット接続などの技術的なタイムアウト)中にはチーム間のコミュニケーションは許可されていません。一つの理由としては、テクニカルポーズは予期して起こることではなく、ポーズ中に負けている相手チームの流れが変わったり、作戦を話し合う時間を与えないことです。

過去に、SK Gaming(現MIBR)がテクニカルポーズ中にゲーム内チャットを使用し、賞金が減額された事例があります。

しかし、AstralisはFaceit Major 2018 - LondonのLegend Stage、Liquid戦にてテクニカルポーズ中に"手"を使いコミュニケーションを取りました。

dupreehがMagiskにMIDを進むように指摘したのか、実際の所何を伝えようとしたのかは分かりません。以下が動画になります。



結局の所、試合ではAstralisはLiquidに試合に敗北してしまい、手を使ったコミュニケーションは助けにはなりませんでした。

Faceit Major 2018 - Londonは9月20日より、Champion Stageが開催されます。

リンク : Faceit Major 2018 - London Legend StageにてChampion Stageに進む8チームが決定

コメント


Sponsored Link